ごぼうの党の奧野卓志が花束を置いて炎上!理由は?党の目的・黒幕も

ごぼうの党の奧野卓志さんがメイウェザーに対し、リング上で花束を置いたことで炎上しました。

https://twitter.com/BostonGame777/status/1573914891580502018

どうゆう理由で花束を下に置いたのか?
話題になっているごぼうの党って一体何なの?

と、気になる人のために炎上内容ごぼうの党についてまとめました。

ごぼうの党の花束を置いたのは誰?炎上まとめ!

朝倉未来選手とメイウェザー戦のときに花束を下に置いたのは、ごぼうの党という政党の代表・奧野卓志さんです。

https://agn-na.org/gobonoto-leader/

名前奧野卓志
※奥野ではない
生年月日1974年4月8日
職業ごぼうの党 代表

銀座一徳という会員制のサロンの代表でもあり、芸能人がこぞって来ているようで、芸能人と関わりがかなり強いことがわかります。

奥野卓志さんは14社を経営するやり手の経営マンです。

会員制サロン「銀座一徳」ではさまざまな芸能人が来ており、山田孝之さんもその一人です。

奧野卓志が花束を置いた理由は?

奧野卓志さんは、

政治的な理由でアメリカが嫌い。

だそうです。

アメリカへの反抗心からくる行為だったことが考えられます。

ごぼうの党とは?

ごぼうの党とは以下のものを守るための政党です。

文化

エンターテイメイメント

アスリート

食の安全を守る

笑顔と喜びを守るための、シンプルな政党です。

ごぼうの党の名前の由来

ごぼうは可食部が長く、1m以上になることも。

ごぼうからは生薬が出ます。

生薬は人間にとって漢方にもなり体調の改善に役に立ちます。

ごぼうの党では、「悪いものをやっつける」という目的が似ていることが由来です。

ごぼうの党の目的

公式サイトによりますと、ごぼうの説明として以下のものがあげられました。

根菜のゴボウは可食部が1mあります
深いところまで実(意味)がある
生薬として毒素(膿)を出して改善して
悪いものをやっつけるそうです

https://gobou-no-tou.com/aboutgobou/

悪いものというのは、文化を壊すこと・人々を楽しませることへの阻害・アスリートの名誉に関わること・食の安全を守らないということが考えられるでしょう。

特に、エンターテイメントに注力しているところがあります。

海外と違って日本は政府がスポーツやエンターテイメントをあまり支援しようとせず、政党もなかったためにごぼうの党を立ち上げました。

ごぼうの党の党首

党首として現れたのは、なんと一人のVtuberでした。

名前はnayutaと言い、声優さんと思えるくらいクリアな声が特徴的です。

ごぼうの党が立ち上がってすぐに山田孝之さんが応援しはじめたことから、芸能関係者ではないかとウワサされていました。

実はnayutaさんは雇われた人で、党首は他にいることが明らかとなりました。

ごぼうの党に参加する芸能人・YouTuber

ごぼうの党に参加する芸能人は山田孝之さんから始まり、さまざまな芸能人も参加することになりました。

ヒカルさんなど人気YouTuberもいます。

山田孝之

山下智久

田村淳

宮迫博之

ワンオクtaka

おすすめの記事