上島竜兵は糖尿病だった!精神的な病気につながる恐ろしい理由3選

上島竜兵さんは2022年5月11日に亡くなられました。

なぜ亡くなったのか理由が気になるところですが、どんな持病があったのかも気になっている人が多いようでした。

上島竜兵さんは糖尿病でした。

糖尿病は精神的な病気に繋がることがあり、うつ病を発症するパターンがあるという情報を見つけました。

上島竜兵は糖尿病だった

ダチョウ倶楽部上島竜兵さんは糖尿病だったという情報があります。

確実な情報によると、映画のイベントで自分から話したそうです。

上島竜兵の糖尿病はいつから?

上島竜兵さんは、2013年10頃「初期の糖尿病」を訴えていました。

映画「レッド・ドーン」のイベントで言及されています。

当時の様子

https://www.oricon.co.jp/news/2029237/full/

顔が大きく膨らんでいるのがわかりますね。

糖尿病は親からの遺伝もありますが、上島竜兵さんの場合はおそらくお酒や食生活に原因でしょう。

糖尿になる主な原因

高脂肪・高カロリー・食物繊維不足などの食生活や、運動不足、ストレス、睡眠不足、喫煙習慣などの生活習慣の乱れ

引用 メディカルノート

普段からよく後輩芸人と飲みにいっていたのでそれが原因じゃないかと考えられます。

ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんは「ウォーキングがいいよ」とアドバイスしていました。

上島竜兵さんは「あまり糖尿って言わないで」と言っていましたが、イベントでは終始和やかな雰囲気だったということです。

上島竜兵は糖尿病からうつ病になった?

糖尿病からうつ病になることがあるのか?

というところで調査してみると

糖尿病からうつ病になる確率は30%でした。

意外と大きな数字で驚きを隠せません。

糖尿病の約30%にうつ症状があるといわれ、糖尿病とこころの問題が重要視されるようになっています。 糖尿病患者の13%は不安障害、11%はうつ病と診断され、5.7%は抗うつ薬を服用しているとの報告もあります。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-05-006.html

こころの病気、つまり精神的な病気とも深く関わりがあることが判明しました。

公にはなっていませんが、おそらく糖尿病による精神的な病気にもなっていたのかも知れません。

テレビに出演されるときは暗い表情になっていることもありました。

では、なぜ糖尿病が精神的な病気と繋がるのか?

調査してみました。

糖尿病からうつ病につながる理由5つ

さまざまな医療機関のサイトから調査してみました。

結果的に以下の理由があげられます。

  1. 糖尿の診断がストレスになるため
  2. 食事制限を求められるため
  3. 合併症によって他の病気が進行する可能性があるため
  4. 糖尿の治療が長く続くため
  5. 死亡率と治療費が高くなるため

完全に明らかとなったわけではありませんが、

  • 糖尿病によって生活の質が落ちた
  • 以前できていたことができなくなった
  • 食事制限などのストレスによって精神的に落ち込んだ

以上にことから、結果的にうつになりやすい・・・という仕組みのようです。

糖尿病によるうつ病で、どんな精神的ダメージあるのか

主に、

  • 気分が落ち込む
  • 喜びを感じなくなる
  • 食欲や体重が低下
  • 眠りにくくなる、逆に寝すぎる
  • 自分の評価を自分で下げる
  • 自傷行為、死にたいと考えるようになる

と、多種多様なダメージがあります。(医療サイト調べ)

2015年の取材では上島竜兵さんが「最近眠れなくて。歳のせいかな」と吐露していました。

糖尿病が長く続いて、闘病生活で苦しんでいたのかも知れません。

おすすめの記事