あなたはテレビなどでさまぁ~ず三村さんを見かけたとき、目元の下が黒くなっていて不思議に感じませんでしたか?

実は私も気になっていました!

どうしても気になった私は色々と調査をしてみました。

すると、思いもよらぬことが発覚したのです。

こちらの記事でわかりやすくご紹介しておりますので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

気になる!さまぁ~ず三村の目の下の黒いクマ

まずは画像からみていきましょう。

引用 Twitter

マネージャーさんが番組の宣伝をする際にあげたTwitterのお写真です。

普段のお顔なので、素の顔になっちゃってるところが少し気になるところですが。

ホテルでのご様子ですね。

やはり目の下が黒くなっています。

いつから?

さまぁ~ずの三村さんが目の下の黒くなりだしたのはいつか調べてみました。

目安としてさまぁ~ずのお2人がYoutubeチャンネル「さまぁ~ずチャンネル」を立ち上げた当初の三村さんの様子はこちら

さまぁ~ずチャンネル

既に、目の下に黒くなっていますね。

もっと以前の動画を見て調査すると、2016年あたりから徐々に黒くなりだして2018年あたりからはっきり黒くなっているとわかるようになりました。

2017年のツイート

2018年のツイート

このあたりから、目の下がだんだんと黒くなってきました。

2019年のツイート

ファンからも心配の声も多かったようです。

仕事に支障はない?大丈夫?

健康かどうかは置いといて、お仕事に関しては、きちんとされているようです。

特に活動を休止することはありませんでした。

三村さんと言えば痛風のイメージがありますよね。

プリン体の過剰摂取で2008年に発症し、2011年に再発しました。

なんと1年で3度も再発したことがあるということです。

気になる!さまぁ~ず三村の目の下の黒いクマは病気?

さまぁ~ず三村さんの目の下の黒い部分は病気なのでしょうか?

目のクマに詳しいサイト「ASHITA BIHADA様」を参考させていただきした。

目のクマには3種類あります。

・青クマ

・茶クマ

・黒クマ

青クマ

青クマは血行不良が原因でした。

青クマの主な原因は血行不良です。ストレスや睡眠不足、目の疲れ、冷え性などによって血行不良になると、目の下の血液が滞って静脈がうっ血します。目の下の皮膚は薄いため、血液の滞りが皮膚の上からも青く透けて、青クマとして見えてしまうのです!

ASHITA BIHADA

茶クマ

茶クマの原因は、紫外線ダメージや目元のこすり過ぎでした。

目の下の皮膚が色素沈着を起こして、茶色っぽく変色したものが茶クマです。紫外線によるダメージや目元のこすり過ぎ、メイク汚れなどが原因でメラニン色素が沈着すると、目の周りが茶色っぽくなります。

ASHITA BIHADA

黒クマの原因は、たるみによる影でした。

黒クマができる主な原因は、加齢やコラーゲン不足による目の下のたるみや小ジワです。目の下が痩せてくぼみができると、たるんだ部分が影になって黒っぽく見えます。これが黒クマの正体!影クマとも呼ばれています。

ASHITA BIHADA

さまぁ~ずの三村さんは、これらの原因から考えると「目のたるみ」「体調不良」が考えられそうです。

「目のたるみ」

年齢を重ねるごとに目の下の筋肉が痩せて、目の周辺の皮膚を支えきれなくなり、たるみが発生します。

そうすると、くぼみが生まれてそこに影ができるという仕組みです。

「体調不良」

芸能人の方はお仕事される時間が不規則だったり、食生活で外食が増えて生活習慣病になる人がとても多い傾向にあります。

なかでも、三村さんは日常的にお酒をよく飲まれるので、体へのダメージや、仕事のストレスや睡眠不足などあら目の下にクマができたとも考えられそうです。

私もよくお酒をのむのですが、二日酔いがひどいときは目の下にクマができていることがあります。気を付けていきたいところですね。。。

気になる!さまぁ~ず三村の目の下の黒いクマは病気?該当する病3つ

該当しそうな病気としては「生活習慣病」「加齢による目のたるみ」「睡眠不足」が考えられそうです。

三村さんの場合、お酒をのむことや、仕事上睡眠不足になってしまうこと、食生活などによって体の疲れが残りやすいのかもしれませんね。

私も、寝てはいてもきちんと疲れが取れていない・・ということが度々あります。

ただ、三村さんは痛風のとき以外はお仕事を休んでしまったり、体を壊したりはしていないので、かなり健康には気を付けているように見受けられます。

私もそうですが、健康サプリをのんだり、チェイサーをのんだり、食べすぎないようにといつも心がけています。

三村さんもきっと健康には気を遣っているのでしょう。

目のたるみに関しては視聴者さんも心配するので、メイクで隠したりできればなと思いました。

こちらの記事はここまでです。

最後読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事