サイゼリヤでの注文方法がめんどくさい!紙・スマホ別で理由を解説!

サイゼリヤでの注文方法がめんどくさい!紙・スマホ別で理由を解説!

サイゼリヤは多くの人に愛されるイタリアンレストランですが、注文方法に関しては「めんどくさい」と感じる方が少なくありません。

・サイゼリヤでの注文方法がめんどくさい理由はなに??

特に、

  • 店頭での注文手順の多さ
  • スマホを使ったセルフオーダーシステムの操作の難しさ
  • 紙メニューとセルフオーダーの混在による混乱

がその理由です。

本記事では、具体的な問題点とその解決策を詳しく解説し、サイゼリヤでのスムーズな注文方法を提案します。

コンテンツ

1. サイゼリヤの注文方法がめんどくさい理由とは?

理由・なぜ・原因・why

1-1: 紙オーダー採用した理由

サイゼリヤで紙オーダーを採用した理由には、いくつかの要因があります。

  1. 操作の簡便さ
    • 紙オーダーは、誰でも簡単に使えるため、特別な操作スキルを必要としません。スマホやタブレットに不慣れな高齢者や技術に詳しくない顧客でも問題なく利用できます。
  2. コストの低さ
    • 専用の電子オーダーシステムを導入するには、初期投資や維持管理費がかかります。紙オーダーはこれらのコストを大幅に削減できるため、経済的です。
  3. 信頼性
    • 紙オーダーは、技術的なトラブルに影響されないという利点があります。電池切れ、通信障害、システムのバグなどのリスクを避けることができます。
  4. 柔軟性
    • メニューやプロモーション内容が変更になった場合、紙メニューの差し替えは簡単で迅速です。これに対して、電子システムではソフトウェアの更新や再設定が必要になることが多く、時間と手間がかかります。
  5. 顧客の多様なニーズに対応
    • 全ての顧客が電子機器を好むわけではなく、紙の方が見やすくて好まれる場合もあります。特に紙メニューは、全体を俯瞰できるため、直感的に選びやすいという声もあります。
  6. 伝統と親しみやすさ
    • 紙オーダーは長年親しまれてきた方法であり、多くの顧客にとって馴染み深いものです。新しいシステムに抵抗を感じる顧客に対しても安心感を提供します。

これらの理由から、サイゼリヤは紙オーダーを採用し続けていますが、最近ではスマホを使ったセルフオーダーシステムも併用し、顧客の多様なニーズに対応しています。

1-2: スマホを使ったセルフオーダーシステムの操作の難しさ

近年、サイゼリヤはスマホを使ったセルフオーダーシステムを導入しています。

しかし、このシステムには使いこなすのが難しいという声が多くあります。

特にスマホの操作に不慣れな人にとって、QRコードの読み取りや画面の遷移は非常に複雑に感じられることがあります。

さらに、システムの操作に時間がかかると、

注文自体が遅れ、結果的に待ち時間が増える

ことになります。

このように、デジタル化が進む一方で、利用者のスキルに依存する部分が多いことが問題となっています。

1-3: 紙メニューとセルフオーダーの混在による混乱

サイゼリヤでは、紙メニューとスマホを使ったセルフオーダーシステムが併用されています。

これは一見便利に思えるかもしれませんが、実際には混乱を招く原因となっています。

例えば、

  • どちらの方法で注文するべきか迷うお客様店舗によってシステムの利用方法が異なるため

に戸惑うことがあります。

また、スタッフも両方のシステムに対応しなければならないため、オペレーションが複雑になりがちです。

このような混在状況は、顧客体験の一貫性を欠く結果となり、注文時のストレスを増加させる要因となっています。

2. 店頭での注文方法の具体的な問題点

2-1: テイクアウト時の手順の多さ

サイゼリヤでテイクアウトを注文する際には、

  • 店舗に足を運ぶ
  • 店員に直接注文内容
  • その後、メニュー番号を記入
  • 注文が通るのを待つ必要

があります。

    このプロセスは、特に忙しい時間帯には非常に時間がかかり、スムーズな注文が難しくなります。

    さらに、注文内容を正確に伝えるためには、メニュー番号をしっかりと確認しなければならないため、手間が増えることがあります。

    2-2: メニュー番号の入力ミスのリスク

    サイゼリヤでは、メニュー番号を手書きで記入するシステムを採用しているため、番号の書き間違いや読み間違いが発生しやすいです。

    例えば、

    数字の「1」と「7」を見間違える

    など、ちょっとしたミスが注文内容に大きく影響を与えることがあります。

    こうしたミスが頻発すると、顧客は再度注文をやり直す必要があり、時間と手間が増えるだけでなく、スタッフにも余計な負担がかかります。

    2-3: 店員とのコミュニケーション不足による注文ミス

    店頭での注文では、店員とのコミュニケーションがスムーズに行われない場合、注文ミスが発生することがあります。

    特に混雑時には、店員が多くの顧客に対応しなければならず、一人ひとりの注文内容を正確に把握するのが難しくなります。

    これにより、注文内容が間違って伝わったり、注文が漏れてしまうことがあります。

    このようなミスは、顧客にとって非常にストレスフルな体験となります。

    3. スマホを使ったセルフオーダーシステムの操作の問題点

    3-1: スマホ操作が苦手な人への負担

    サイゼリヤのセルフオーダーシステムは、スマホを利用することが前提となっています。

    しかし、スマホの操作に不慣れな人や、高齢者にとっては、このシステムを使いこなすのは簡単ではありません。

    特に、

    • アプリのダウンロード
    • QRコードの読み取り、画面遷移

    など、多くのステップを踏む必要があるため、操作が煩雑に感じられます。

    このような人々にとって、セルフオーダーはかえって負担となり、注文を躊躇する原因にもなります。

    3-2: QRコードの読み取り不良

    セルフオーダーシステムでは、QRコードの読み取りが必要ですが、これがうまくいかないことがあります。

    例えば、スマホのカメラの性能や光の加減によって、

    QRコードが正しく読み取れない

    場合があります。

    このようなトラブルが発生すると、注文がスムーズに進まないだけでなく、再度試みる必要があり、時間がかかることになります。

    特に混雑している時間帯には、このような問題が顧客のストレスを増大させます。

    3-3: メニュー選択の手間と画面遷移の複雑さ

    セルフオーダーシステムでは、スマホの画面を操作しながらメニューを選択する必要がありますが、このプロセスが複雑で手間がかかることがあります。

    例えば、

    画面遷移が多く、一度に複数のメニューを確認できない場合、いちいち戻る必要があり、操作が煩雑になります。

    結果的に時間がかかってしまう恐れがあります。

    4. 紙メニューとセルフオーダーの混在による混乱

    4-1: 両方のシステムを理解する必要がある

    サイゼリヤでは、

    紙メニューとスマホを使ったセルフオーダーシステムの両方

    が提供されています。

    これは顧客に選択肢を与えるという点では便利ですが、実際には混乱を引き起こすことが多いです。

    例えば、初めて訪れる顧客や高齢者にとって、どの注文方法を選ぶべきかがわからず、結果としてどちらも試してみることになり、余計に時間がかかります。

    また、両方のシステムを理解する必要があるため、注文がスムーズに進まないこともあります。

    4-2: 店舗によって異なるシステムの使い分けが必要

    サイゼリヤの各店舗では、導入しているシステムが異なる場合があります。

    ある店舗ではスマホを使ったセルフオーダーシステムがメインで使われているのに対し、別の店舗では紙メニューが主流であることもあります。

    このように、店舗ごとに異なる注文方法に適応しなければならない状況は、顧客にとって非常に混乱を招く原因となります。

    特に、日常的に複数の店舗を利用する顧客にとっては、毎回異なる注文方法に慣れるのが大変です。

    4-3: スタッフとの連携不足による混乱

    紙メニューとセルフオーダーシステムの両方が存在することで、スタッフとの連携がうまくいかないことがあります。

    例えば、セルフオーダーで注文した内容がスタッフに正しく伝わらなかったり、紙メニューでの注文とセルフオーダーの注文が混在してしまうことがあります。

    このような状況では、注文がスムーズに進まないだけでなく、注文ミスが発生する可能性も高まります。

    特に忙しい時間帯には、スタッフが対応しきれずに、顧客が不満を抱くことが多くなります。

    このように、サイゼリヤの注文方法における紙メニューとセルフオーダーシステムの混在は、多くの混乱を引き起こしています。

    顧客が快適に注文できるようにするためには、システムの統一やスタッフの適切なサポートが必要です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    コンテンツ